Animations Blog


Animations creators&critics Website

Animations

アニメーションズ、創作と評論


カレンダー

05 « 2017-06 « 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

RSS

広告

FC2Ad

        --------        スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2007-10-14        東京国際映画祭関連の告知

来週土曜日から始まります東京国際映画祭では、Animations関連の上映がいくつかあります。

10/20(土)12:00-
「山村浩二『カフカ 田舎医者』ほか4作品」
オタワでのグランプリの記憶も新しい『カフカ 田舎医者』、遂に日本上陸です。
先日完成したばかりの『こどもの形而上学』、『頭山』、『年をとった鰐』とあわせての上映となります。
上映後トークあり。
(現在のところチケットは売り切れのようですが、キャンセル分がたまに出るときがあるので、午前中、こまめにぴあのサイトをチェックしてみるといいと思われます。)
なお、このプログラムは来月の公開と同じものですので、行けない方もご安心を。

10/25(木)13:30-
第4回文化庁映画週間  世界映画人会議 II シンポジウム
「世界の若手アニメーターの現状~カナダ、ドイツ、フランス、そして日本~」
副題に<日本の若手が、なぜアカデミー賞にノミネートされないか!?その原因を探る>とあります。各国のプロデューサーや作家の方々が集まり、世界の短篇アニメーションの現状を紹介します。

10/26(金)17:20-, 20:00-
「Cjax―日加ショートアニメーション・エクスチェンジ」
日本とカナダの共同企画です。両国の若手アニメーション作家の注目作品が一堂に介します。Animationsメンバーの作品も、大山慶『ゆきどけ』がProgram1、和田淳『鼻の日』荒井知恵『FRANK'S FEAST』がProgram2で上映されます。

先日の「ザクセン州」の上映会は良い催しなのに人が少なく切ない思いをしました。東京国際は宣伝もバッチリだし大丈夫だと思いたいです。短篇アニメーションに愛の手を!

土居

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://animationscc.blog105.fc2.com/tb.php/43-70a4c686

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。