Animations Blog


Animations creators&critics Website

Animations

アニメーションズ、創作と評論


カレンダー

05 « 2017-06 « 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

RSS

広告

FC2Ad

        --------        スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2010-04-30        イメージフォーラムフェスティバル2010 EFプログラム

今日はイメージフォーラムフェスティバルEFプログラムを観てきました。

プログラムE「旅のインスピレーション」では、Animationsにかつてペトロフ論を寄稿してくださった松尾奈帆子さんの『PEZOSIREN DAUGHTER』が。ウロコが生えて生まれてきてしまったがゆえにあらゆる種族から周辺として虐げられる少女の物語が、ぎこちなさが魅力的なナレーションによって語られていました。『YOKO』(金東薫)は今日一番の収穫。昨年の『チケット売場の桜井さん』と基本的方法論は一緒ですが、純度や強度がグッとアップした印象です。「こんにちは、私は河村洋子です」と繰り返すYOKOを撮影する(おそらく)監督、ふたりは影やシルエットやマフラーだけで姿をみせ、太陽、雲、光が差し込むオフィスといった周囲の環境のなかの一部として溶け込みます。通底音として鳴り響くノイズは洋子によって「私の足音」と形容され、彼女は「それにあわせて踊りたい」と希望を述べます。あたかもその望みを撮影者が叶えるがごとく、風景のコマ撮りによって世界はその「足音」とやらにあわせて踊りはじめます。雲や光の運動として。撮影者が捉える彼女のひとりきりの世界はとても純度が高く、名状しがたい美しさを放っていました。素晴らしい作品だと思います。『マナ・ジュンガ・カイマン』(伏木庸平)はこびるところのまったくない非常に潔い作品で感心しました。決して心地よくはないドラム音がほとんど全編にわたって鳴り響きつづけるなか、頭からテープを垂らした公園の女性や雪国、くちゃくちゃになったテープの景色などが、微妙なつながりによって連続させられていきます。そのロジックは監督自らもよくわかっていないらしいのですが、それでも確かに論理を感じます。ときおり入るブレイクも冴えてますし、悪意さえ感じさせるほどの作品の長さも良かったです。

プログラムF「本気で遊ぶ人」は、去年『ニコトコ島』という衝撃の作品でグランプリを撮った大力拓哉&三浦崇志による初長編『コロ石』がやはり光っていました。男三人以外人の気配がない大自然のなかで(日本にこんなところがあるんですね)延々と繰り広げられる遊び。米粒ほどに小さな人影は自然の一部に吸収され、そこにアフレコで被せられるユルい言葉のやりとり。そんなズレを長時間体験しているうちに、人間の身体が映っているはずなのに、どうも人間ではなくなってしまっているような錯覚に囚われます。(実際、三人目の彼は爆弾だったり妖精だったりするわけですが。)彼らの非生産的な遊びはもはや儀式のようなレベルに到達しているように思います。人間が人間という概念を押し付けられる以前の状態を取り戻すというか、日本の自然が異界とつながっていた時代の記憶を呼び戻すというか。見ようによっては非常に禍々しい映画です。それにしても、彼らの映画のキマリ具合はどうしたことでしょう? 内容が脱力なだけに気付かれにくいですが、構図がいちいちバシッと決まっていて、映像自体が非常にフォトジェニック。光や闇の揺らめき、水や雪の原生性……こんな画を撮れる人が現代日本にいたんですね。空間の緊張感が半端ないです。「森のなかで話してはいけない」という設定はあえて意図的に肩すかしを喰らわせますが、何もない空間に何か禍々しいものを宿らせるそのやり方は、まさにタルコフスキー『ストーカー』ではないですか。いやほんと、そんな高みに辿り着きつつあると誇張なしで思います。今回の『ニコ石』は前半部分がただ単に遊んでいるだけになっていて、僕としては少々もどかしかったのですが、妖精さんが登場したあたりからは文句無しでした。イメージフォーラムフェスティバル、特に日本の招待部門の作品は観ていて厳しい気持ちにならざるを得ない作品も多いですけど、こういう作品と出会えたときに得る快感はまた格別です。もっとみんな騒げばいいのに。

明日はいよいよドン・ハーツフェルトが日本初上陸。みなさん用意はいいですか?
その一個前のバリー・ドゥペの初長編も結構楽しみだったりします。ドゥペは間違いなくCGアニメーションに新しい可能性を切り開いている作家だと思います。
両プログラムとも、お客さんがたくさん入るといいなあ。

イメージフォーラムフェスティバル2010

土居

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://animationscc.blog105.fc2.com/tb.php/377-eb2dd2bc

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。