Animations Blog


Animations creators&critics Website

Animations

アニメーションズ、創作と評論


カレンダー

05 « 2017-06 « 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

RSS

広告

FC2Ad

        --------        スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2010-01-08        『カールじいさんの空飛ぶ家』(ピート・ドクター)

ピクサーの前作『ウォーリー』についていきり立ったエントリした人間として『カールじいさん』についても一応書いておかねばならないかなと思うわけですが、正直期待はずれでした。

『ウォーリー』になぜあれだけ熱狂したかというと、その前章として『カーズ』が僕のなかではあったわけですが、車やロボットといった機械が主人公だったこの二作、あくまで個人的な感触としてですが、「アニメーションをみるぞ」という(無意識中の)意識を働かせなくても観ることのできる作品だと思いました。「アニメーションをみたなあ」という気分を全開にしてくれた『屋根裏のポムネンカ』と比較してみれば、この作品なんかは非常にチェコらしく、モノが生命を宿すということを前面に押し出しており、観客の方は動かないはずの人形とそれが動いてしまう状態の両方を受け止めることを当たり前とするわけですが、『カーズ』や『ウォーリー』では「動かないはずなのに」という次元がまったくないように僕のなかの無意識は意識したわけです。『カーズ』は観ている最中とても変な気分になりました。本来なら人間が行っているはずの行動が、車によって行われていることにムズムズしました。車が人に変わるだけで、すべては自然になるのに、と。

これは考えてみれば異常なことで、なぜそんなムズムズ感(必ずしも悪いことじゃないです)を感じたかといえば、それはやはり圧倒的なクオリティで描かれた背景としての世界のせいだと思います。『ウォーリー』ではそれが徹底されてましたよね。冒頭40分は、荒廃した地球と古ぼけたロボット、そして流線型のきれいなロボットというCG表現と非常に相性の良いものばかりが登場して、(僕が都会人だからかもしれませんが)すべてが実写で撮影されたとい言われてしまえば気付かない程度にまでそのハイクオリティが侵略していました。そこが僕の興奮した理由でした。「アニメーションである」という事実が観客にとって可能な限りに透明になり、不思議さを感じることがもはやない。これってディズニーがかつて夢みたことなんじゃないかと思ったわけです。もはや騙しの技術なくとも、作品空間のなかに自然に没入できる。ノルシュテインっぽく言えば、「約束事」の働いている世界ではない。これはもしかしたらアニメーションでさえないのかもしれない、と思わされたものです。(ラストのキスシーンでは、二人のロボットのクロースアップが、異様な情感を滾らせているように思えたことにも驚きました。)

そういった点に感動した僕からすると、いかにもアニメーション然とした『カールじいさん』は、非常に中途半端な出来に思えました。「さあアニメーションをみるぞ」というモードになることが必要で、それ自体はまあ全然構いません。ただ、デイヴィッド・オライリーが指摘するように、アニメーション世界がリアリティを獲得するためには一貫性が求められるわけなのですが、『カールじいさん』の場合、この世界のリアリティがどこに設定されているのかが最後までよく掴めなかった。冒頭のおじいさんとおばあさんの思い出のシーンはものすごく良かったです。でも、それ以外の要素が不協和音を……一観客として、これはどこまで戯画化された空間なのかというのがよくわからず、身の置き場所を定めることができませんでした。ピクサーの作品でこんなことを感じたことがなかったので、ちょびっと戸惑いました。

でも相変わらず人間以外のグラフィックはハイクオリティだと思いました。ピクサーの自然描写については誰かにきちんと語ってほしいものです。

『カールじいさんの空飛ぶ家』公式サイト

(このエントリの前半部分については、『読むアニメーション』01の山村さんのインタビューでも似たような話がされています、というか僕もインタビューの現場にいて、このことに関してはいろいろと外野から突っ込みを入れてたのですけど。)


土居

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://animationscc.blog105.fc2.com/tb.php/357-151e232a

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。