Animations Blog


Animations creators&critics Website

Animations

アニメーションズ、創作と評論


カレンダー

08 « 2017-09 « 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

RSS

広告

FC2Ad

        --------        スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2009-11-19        「読むアニメーション01」通販開始

11月7日にアップリンクにて創刊記念イベントが開かれた「読むアニメーション」。山村浩二さんのレア映像満載の素晴らしいものでした。「かつての草月のような場を作りたい」とかねてからおっしゃっているアニメーション文化総合研究所の道川さん、今回のイベントでは有言実行、ひとつのジャンルで形容不可能な音楽をやっているju seiの最初の音が鳴った瞬間、閉塞しがちなアニメーションの世界に一陣の風が吹いたような気がしたものです。

「読むアニメーション01 特集:考える山村浩二」のネットでの通販が始まったようです。詳細はこちら。説明には「創刊号の見本」と書いてありますが、実物を手にしていただければわかると思いますけれども、これで500円は破格です。インタビューも、アニメーションについて、若者について、タチの『プレイタイム』について……他では決して読めないような濃い内容になっています。本、CD、映画の山村浩二ベスト選集(全部にコメントつき!)までついて、まさに2009年の山村浩二の頭の中がわかるような本になっていると思います。必携です。

同時に、Web Desigining誌に連載されていた「ヤマムラ月報」も販売されています。こちらもまたハイクオリティ。重厚です。こちらの方は「山村さんは普段こんなことを考えているんだなあ」ということがナチュラルに伝わってくる印象で、「読むアニメーション」とうまいマッチング。

両方買っても1200円。買ってしまえば一生もの。何度でも読み返したくなる本です。

「読むアニメーション01」の最後のページには、「nu」 vol.4.2も掲載。虹釜太郎さんのインタビューです。こちらもまた風穴を空けるような内容で、ここから何かが変わっていく予感がします。

土居

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://animationscc.blog105.fc2.com/tb.php/340-7ab39462

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。