Animations Blog


Animations creators&critics Website

Animations

アニメーションズ、創作と評論


カレンダー

06 « 2017-07 « 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

RSS

広告

FC2Ad

        --------        スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2009-09-05        コンテンポラリーアニメーション入門 第二回 受付開始 +α

Animationsとして協力させていただいている「コンテンポラリー・アニメーション入門」。
フィル・ムロイについての第一回は、好評のうちに終わらせることができました。
9月5日から第二回の参加申込が始まっています。
前回は定員オーバーでお断りしてしまった方々も出てしまいました。
早めのお申し込みを!

マクラレンの新しい後継者、クリス・ヒントンとマルコム・サザーランド

ヒントンとサザーランドを中心とした、カナダの抽象作品の系譜についての内容になるはずです。
僕も前回同様、配布資料の作成などにて手伝わさせていただきます。
アニメーションとは何ぞや、ということに対するひとつのシンプルな解答がみえてくるような、そんな面白い講座になると思いますよ!

今月は大変です。
昨日から東京藝術大学の学園祭で「藝大 Short Film Fes」が開催されています。
明日(5日)は山村浩二さんをはじめとする方々のトークもありますね。
来週金曜(11日)からはICAFもあります。
その次の週末(19日)からはトリウッドにて恒例のカナダ・アニメーション・フェスティバルの特集上映が始まります。
その一環として、NFBプロデューサーなどによる藝大プロデューサー論でのティーチイン(21日)、国際シンポジウム(24日)、京都での特集イベント(25日~27日)もあります。
19日、20日には、大井町のFIELDというところで、「酒場の映像祭」というものがあるそうです。メンツはなかなかなものです。

いやいや、19日からといえば、「ライアン・ラーキン 路上に咲いたアニメーション」もありますよね。初日最終回後に山村浩二さんとトークします。公式ブログでも、太郎次郎社ホームページでも、あとはたとえばAmazonとかでも情報が出ましたが、クリス・ロビンソンのラーキン本『ライアン・ラーキン やせっぽちのバラード』の邦訳も、劇場では先行発売される予定です。買ってください……読み物として単純に面白いです……
ラーキン劇場公開、他の日のトークも、メンツが個性的ですよね……!

その次の週末はちょっと休憩、という感じでしょうが、
10月に入ると、またいろいろとありますね。下旬頃にまたお知らせしますが、
10月入ってすぐに、先日お知らせしたノルシュテイン関連以外にも、いろいろあるらしいですよ……?

その筆頭がコンテンポラリーアニメーション入門(10/3)なわけですが。

そのイベント続きの最中に、僕はオタワの方に行ってきますけど。
ドン・ハーツフェルドの回顧上映をフィルムで観るのが目的です。
新作"I'm So Proud of You"のDVDが発売されましたが、
僕のところにはまだ届きません。
毎日どきどきしながら待っています。

土居

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://animationscc.blog105.fc2.com/tb.php/297-d5525aa7

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。