Animations Blog


Animations creators&critics Website

Animations

アニメーションズ、創作と評論


カレンダー

09 « 2017-10 « 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

RSS

広告

FC2Ad

        --------        スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2009-08-25        ASK映像祭2009

大山慶『HAND SOAP』については長くなりそうだったので(実際長くなったので)別エントリにしましたが、ASK映像祭のその他についても少々。

Dプログラム、「最新の実験映像セレクション」から。
辻直之『エンゼル』は、近美の「ストーリーテリング」展、恵比寿映像祭に続いて三度目の鑑賞で、一度このブログでも少しだけ書いていますが、もう一度。前作の『影の子供』では脅威を感じさせたあの黒の絶対性・敵対性が、この『エンゼル』では今度はうってかわって、すべての感情を宿しているような母胎のようなスケールの大きさを感じさせました。天使たちのトランプから生まれたあの三匹の子供たちが、ハープを奏でる女性のもとで踊る息のあったダンス、あの多幸感は、切迫感と強迫観念的なものを与えつづけてきたこれまでの辻作品との対比において、余計に素晴らしいものとなりました。(ラストシーンの親子三人の構図と響きあいます。)これまでに比べて、より確かなものとなった描線の強さも含め、なんらかの手応えを感じることのできる作品であったような気がします。上甲トモヨシ『LIZARD PLANET』については以前書いています。

Eプログラム「2009年映像コンペティション作品」から、印象に残ったアニメーション作品をいくつか。
岩崎宏俊『Between Showers』は、中田彩郁やトッカフォンド、もしくはウェンディ・ティルビー&アマンダ・フォービスによるユナイテッドのCMを思わせるような、デザイン性の高いロトスコープ・アニメーションでした。植草航『向ヶ丘千里はただ見つめていたのだった』は、工芸大の卒制でみたときは少々身構えてしまいましたが、その後何度か観る機会があり、ようやく自分のなかで位置づけることができました。アニメーションや音楽は本質的に官能的な者なのだと思うのですが、この作家はそのことをとてもよく理解していると思います。冒頭の公園での暴れ回りシーンは何度観ても心地よいです。その後はシーンごとにかなりクオリティにばらつきがあるように思えますが、音との(文字通りではない)シンクロも含め、躁鬱の疾走感を堪能できます。今っぽい作品は数あれど、通俗性も含め今そのものを的確に切りとった作品は短篇アニメーションではなかなかみられません。さらにプラスして、得体の知れない作家自身のパッションのようなものも感じます。そういう意味で、非常に希有な作品だなあと思うようになりました。今津良樹『アトミックワールド』は冒頭30秒のスケールに圧倒されましたが、その後は結構ベタな諷刺性を身にまとってしまってダイナミズムが消えてしまったのが残念でした。水江未来『JAM』は今回の上映環境ではまともに評価できるような状態にはなっていませんでしたが、別の機会に高画質のものを観る機会があったのでそれに基づいて書きますが、今回の『JAM』は圧倒的な迫力はあるものの、すべてが足し算だけで出来上がっているような気がしてしまい、そこが残念な気がしました。(アニメーションはやはり変容でありかけ算なんじゃないかと思います。)かつての作品ではあった、キャラクターたちがなにか他の法則に取り憑かれてしまったかのような動きの官能性が消えてしまっているような気がしました。飯田千里『おまつりのよる』は、チャーリー・ブラウンのアニメーションに影響を受けている印象を受けました。日本の作品にはあまり例のないもののように思えるので新鮮でした。

ASK映像祭、毎年面白いのですが、今年は他の会場で観たことのあるものが多かったせいか、全体的に、上映会場が作品の要求する環境に達していないように感じました。映像を取り扱うことの多いギャラリーなので、なんとか改善してほしいなあ、というのが正直なところでした。

26日、明日までです。

土居

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://animationscc.blog105.fc2.com/tb.php/294-2b6a2411

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。