Animations Blog


Animations creators&critics Website

Animations

アニメーションズ、創作と評論


カレンダー

09 « 2017-10 « 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

RSS

広告

FC2Ad

        --------        スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2009-05-30        「ヤング・パースペクティヴ2009」

みなさんお久しぶりです。
秋の某企画の原稿でくたばっている土居です。
久しぶりといえば、久しぶりに今日上映会に行ったのでした。
イメージフォーラムフェスティバルのパノラマ上映の「ヤングパースペクティヴ2009」です。
Gのアニメーションプログラムです。
印象に残った作品について少々書いておきます。

『おるすばん』(坂元友介)は造形大の修了制作ですね。『電信柱のお母さん』以来の2D作品です。お留守番のあいだに子供が展開する空想物語が断章形式で繰り広げられていました。
『東京ミンチ』(荒牧裕一朗)は「動夢」に続いて二回目。内容については一回目鑑賞時のコメントをみていただければと思うのですが、ところどころにどきりとさせられるクオリティーに感心させられると同時に、一回目の鑑賞よりもだいぶ展開が掴めましたが、逆に全体をつなぐものが見えてこなくなってしまいました。あの少女は結局なんなのだろう?
『水平線に近づく為に』(有吉達宏)は、黒坂圭太+相原信洋といった趣きの密度の濃い作品。実際に黒坂圭太さんの学生さんであるようで、クレジットでそれがわかったときにちょっと微笑んでしまいましたが、いやあ、これはなかなか素晴らしい作品だと思いました。胎内で成育していく人間、胎児から赤子から若者から老人まで。裸の人々が絡み合い、べちゃりとしたりぐちゃりとしたりします。柔らかさとポキリさが共存している不思議な質感。クロースアップになったときのマチエールが語るものもなかなか豊かで、堪能させていただきました。
『ハピー』(一瀬皓コ)は何回か観ているのですが、まだ書いてませんでしたね。夫婦の愛の物語。自分が妊娠したと思い込んでいる妻と、その思い込みを思い込みのままに保たせようとする優しい夫のお話。動いているだけでほっこりとした笑みが浮かんでしまうのは、もはやドリエセンばりの気持ちよい動きを手に入れてしまっているからでしょうか。今回観ていて思ったのですが、最後は本当に妊娠したってことなんですかね。唐突に出てきたトリとギター弾きから判断するに。完成の際にはかなりの名作になるんではないかと予想される『COSMIC』と響きあっていると仮定すると。
『ぐるぐるの性的衝動』(竹内泰人)は、『オオカミはブタを食べようと思った。』で一部で話題になっている方の実写コマ撮り作品。公園や交差点や街角を舞台にぐるぐると回ります。アクシデントがあって音無しで上映されていたのですが、一分一コマで丸一日撮影していたりして、「バカだなあ」と(もちろん良い意味で)呆れてしまって、そういうバカさ加減をほっこりと楽しむ作品なのかと思ったら、きちんと音付きで上映された二回目を観たところ、付けられた音楽から判断するにどうもそういう作品ではなかったらしいので、反応を間違えてしまったみたいです。すいません。

同じプログラムは6/13(土)15:00からもう一回あります。

土居

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://animationscc.blog105.fc2.com/tb.php/265-f595ac87

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。