Animations Blog


Animations creators&critics Website

Animations

アニメーションズ、創作と評論


カレンダー

04 « 2017-05 « 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

RSS

広告

FC2Ad

        --------        スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2008-10-19        相原信洋アニメーション特集

最近ブログも本ページの方も更新が滞っております。
ようやくいろいろな雑務(というか本業ですけど)から解放されたので、
ウェブ用の素材を推敲したり執筆したりしてアップしたいと思っています。
ネタはたくさんたまっているんですよ。

今日は素晴らしい上映会の告知です。相原信洋作品の一挙上映です。

-----

○相原信洋特集上映

巨匠・相原信洋の40年にわたる61作品+最新作を一挙公開します(1969-2008)
ライブペインティング(11月23日)、原画展(会期調整中)を開催!!

●上映スケジュール
10月25日(土) 26日(日) 16:00 Aプロ 17:30 Bプロ
11月22日(土)     16:00 Cプロ 17:30 Dプロ
  23日(日)     13:00 Cプロ 14:30 Dプロ 
           16:00 相原信洋ライブペインティング
12月13日(土) 14日(日) 16:00 Eプロ 17:30Fプロ

●上映作品
Aプロ[傑作選](65分)
『やまかがし』(1971)『STONE』(1975)『カルマ』(1977)『PRIVATE』(1986)『映像(かげ)』(1987) 『LINE』(1990)『気動』(1994)『RAIN』(1996)『THE THIRD EYE』(1999)『WIND』(2000)『MEMORY OF RED』(2004)『YELLOW SNAKE』(2006)

Bプロ[70年代前半作品](72分)
『STOP』(1969)『TIME TO KILL』(1970)『サクラ』(1970)『風触』(1970)『やまかがし』(1971)『おしろい羽根』(1972)『赤いギヤマン』 (1972)『みつばちの季節は去って』(1972)『うるし』(1973)『逢仙花』(1973)『初春狐色』(1973)『短距離ランナー』 (1973)『妄動』(1974)『STONE』(1975)『STONE No.1』(1975)

Cプロ[70年代-80年代作品](63分)
『新禿山の一夜』(1976)『雲の糸』(1976)『LIGHT』(1976)『青マッチ』(1976)『リンゴと少女』(1976)『カルマ』(1977)『光』(1978)『BURNIN』(1980)『シェルター』(1980)『マイ・シェルター』(1982)『BALVA』 (1983)

Dプロ[80年代-90年代作品](73分)
『S=13』(1984)『逢魔が時』(1985)『PRIVATE』(1986)『映像(かげ)』(1987)『とんぼ』(1988) 『GOVORA』(1989)『LINE』(1990)『MASK』(1991)『鴉』(1992)『SPIN』(1993)『気動』(1994)『耳鳴り』(1995)

Eプロ[90年代-00年代作品](51分)
『RAIN』(1996)『MEMORY OF CLOUD』(1997)『YELLOW FISH』(1998)『THE THIRD EYE』(1999)『WIND』(2000)『MEMORY OF RED』(2004)『YELLOW NIGHT』(2005)『YELLOW SNAKE』(2006)『BLACK FISH』(2006)『LOTUS』(2007)『ZAP CAT』(2008)

Fプロ[相原信洋・田名網敬一の合作+最新作](65分)
『闇の呼吸・夢の陰影』(2000)『風の呼吸』(2001)『SCRAP DIARY』(2002)『ランニングマン』(2002)『FETISH DOLL』(2003)『LAND SCAPE』(2004)『夢10夜』(2004)『TRIP』(2005)『マドンナの誘惑』(2005)『ノイズ』(2006)『一寸法師』 (2007)『CHIRICO』(2008)『PARADISE FOR EYE』(新作)(2008)

※上映プログラムは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

●料金(入れ替え制/2プロ目は200円引き)
1回券 一般(非会員):1300円 学生・シルバー(非会員):1000円 
    会員一般:1000円 会員学生・シニア:900円
通し券(全6プロ) 会員一般:4500円 会員学生・シニア:3800円
※11月23日(日)のイベントは上映チケットのご提示でご入場いただけます。

神戸映画資料館アクセス
http://www.kobe-eiga.net/access/

神戸映画資料館
TEL:078-754-8039
神戸市長田区腕塚町5丁目5番1-201 アスタくにづか1番館北棟2F
(JR新長田駅から南へ徒歩5分/北棟3階の神戸飯店が目印)
http://kobe-eiga.net/

----

関西在住の方々、うらやましい。
東京では以前アップリンクで軽い特集上映がありましたが。
なんとか時間とお金の都合をつけて、11月パートには参加したいものです……
関西の人は全部行ってください。

そういえば、クエイの回顧上映、終わってしまいましたね。
こんなブログ観ているみなさんは、当然全部観てますよね。
僕は例のごとく駆け込みで行ってきましたが、一プログラム逃しました。
輸入盤DVDに入っていないダンス系の作品満載のプログラムが非常に良かったです。
今度感想書いてみます。
イメフォでは来週からマクラレン上映です。これも必須ですね。
フィルム上映じゃないみたいなのがすごく残念ですが……(土居)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://animationscc.blog105.fc2.com/tb.php/155-dd66daa2

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。