Animations Blog


Animations creators&critics Website

Animations

アニメーションズ、創作と評論


カレンダー

06 « 2017-07 « 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

RSS

広告

FC2Ad

        --------        スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2008-08-28        横浜フランスアニメーション映画祭2008 E、B、Fプログラム

23日から始まっている横浜フランスアニメーション映画祭2008、日曜日に行ってきました。
すいません、なんだか最近全然暇がなくて軽いレビューにさせてもらいます。

Fは観にいった方がいいですよ。「フランス外務省特選プログラム」。最近の作品が並ぶ他のプログラムと比べると、やっぱり質が違います。
有名作品ばかりなので初めて観る作品は少なかったですが、
良いものは何度観ても良いですね。
グリモー『避雷針泥棒』の、パッ、すー、ん~~、ふわっ、ぐわっという気持ちよい運動感によるフランス的チェイスカートゥーンのすばらしさ。ラルー&トポール『かたつむり』の常軌を逸した展開を支えるエコノミカルなアニメーションとすぐれた編集技術。この二つは間違いなく観た方がいいです。「古き良き」ってこういうことを言うんですよねきっと。ラギオニはパラシオスにも通じる(当たり前ですが)止まっている状態の強度が素晴らしいですし、オスロの『三人の発明家』も……うーんすいません。やっぱりオスロだけは苦手です。なんでだろう?オスロには素直に乗っちゃいけないなにかがあります。彼が(意識的になのか無意識的になのかわかりませんが)採用している一定の図式は、本当に危険な香りがします。たちの悪い作家です。わかったらちゃんと書きますけど、映像の質以外のところでオスロ作品を肯定しちゃだめですよ。これだけは確か。
Fは見にいった方がいいですよほんとに。でも明日しかないですね。すいません。

Eは、Lardux Filmというスタジオにはあまり注目しなくていいということがわかったという意味では見にいった甲斐がありました。

Bは『イマーゴ』っている作品が未見のなかでは結構良かったです。(ゲームの挿入ムービーみているような錯覚には襲われましたが。)あと、『ラズ&ベン』という作品もそこそこ。まあ、ここまで手間をかけてこういう作品を作っている人達がいるのだなあ、という感慨の大きさが僕の感想を支えているところもありますが。『勇士フランソワ』もかなりのもの。『ちいさな星の王子さま』もつい最近みたばかりの『A Sunny Day』と比べてしまいますが、なかなか。『地球の果ての果て』は言うまでもない。声のマヌケさが非常に良いです。
あれあれ、ほとんどの作品が印象に残っている。じゃあBもおすすめしちゃおっかな!
もう上映終わっちゃったみたいですけど。すいません。

時間ができたらまたちゃんと書きます。
DVD上映だったり字幕がついてない作品があったりしますが、そこらへんは自己責任でどうぞ。

土居

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://animationscc.blog105.fc2.com/tb.php/144-a70ae8f8

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。