Animations Blog


Animations creators&critics Website

Animations

アニメーションズ、創作と評論


カレンダー

05 « 2017-06 « 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

RSS

広告

FC2Ad

        --------        スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2008-07-26        広島の審査員

HIROSHIMA 2008 BulletinNo.2に広島の国際審査員が発表されました。(Web はまだの様です。)
マルユット・リンミネン(フィンランド)、ピヨトル・ドゥマラ(ポーランド)、ジェネヴィエヴ・ジェオルジェスク-オブレチェア(ルーマニア)、ラストコ・チーリッチ(セルビア)、デーヴィッド・アーリッヒ(アメリカ)、杉井ギサブロー(日本)の6名。

今年の目玉は、学生作品を含む、大規模なフィンランド特集。トゥルクの大学では、プリート・パルンやヤンノ・ポルドマも教えていたのでエストニア作品の影響がある。あとは人形アニメーションが古くから作られていて、一度チャンネル2のテレビ局でいくつか古い人形アニメーションのセットを見せてもらった事がある。
個人的お勧めは、審査員のピヨトル・ドゥマラ特集と、恒例になってきた「ニール・サイモンが語る巨匠たち」でのイタリアの切り紙アニメーション作家、E.ルッツァーティとG.ジャニーニの色彩豊かで素晴らしいタイミングのアニメーション特集、必見です。

山村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://animationscc.blog105.fc2.com/tb.php/132-c5b58369

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。