Animations Blog


Animations creators&critics Website

Animations

アニメーションズ、創作と評論


カレンダー

06 « 2007-07 « 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

RSS

広告

FC2Ad

        --------        スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2007-07-25        訃報・アレクサンドル・タタルスキー

 先週の土曜日、パイロット・スタジオの代表でアニメーション監督のアレクサンドル・タタルスキーがなくなったそうです。57歳の若さです。彼のスタジオの共同設立者だったイゴール・コヴァリョフは、喪の為にロスからロシアに旅立ちました。
 先月のロシア訪問の時、パイロット・スタジオにも訪問したかったのですが、その時お目にかかれなかったのがまったく残念です。アレクサンドルとは、数回映画祭であったことのがあり、豪快でユーモラスな人柄でした。彼と初対面の時、頭に手をやって、「頭山」をジェスチャーで示してニンマリしていた表情を思い出します。
 パイロット・スタジオはロシア初の民営のアニメーションスタジオで、良質な短編を作り続けている作家集団で、50以上の国際的な賞を受賞しています。タタルスキーは、短編映画とテレビシリーズのディレクター、作家、およびプロデューサー、スタジオの社長とアートディレクターでした。
こころよりご冥福をお祈り致します。山村


スポンサーサイト

        2007-07-25        いくつかお知らせ

山村浩二、大山慶、和田淳と三人のAnimationsメンバーが参加している『Tokyo Loop』のDVDが発売されました。
Animationsの次回更新は、『Tokyo Loop』に関する作家三人へのミニ・インタビューになると思われます。
『Tokyo Loop』公式サイト

これでやっと大山慶『ゆきちゃん』&ミシェル・オスロー『キリクと魔女』論である「死の消滅・生の明滅」が有効になった気がします。

土居伸彰「死の消滅・生の明滅」

ミシェル・オスローも新作『アズールとアスマール』の公開が始まりました。去年の広島でも上映されていましたね。今回は3DCGが採用されています。

『アズールとアスマール』公式サイト

気が早いですが、その次の更新は、アレクサンドル・ペトロフについての座談会になると思われます。
ペトロフは、先週に『春のめざめ』が、今週に作品集がリリースされ(今ならまだAmazonで25%オフです)、
既にリリース済みの『老人と海』も合わせて、すべての作品が入手可能となりました。

『春のめざめ』[Amazon]
『アレクサンドル・ペトロフ作品集』[Amazon]
『老人と海/ヘミングウェイ・ポートレイト』[Amazon]

他にも、東京現代美術館で「男鹿和雄展」が始まるなど、いろいろあります。

……『春のめざめ』も含め、ほとんどがジブリ絡みなのが複雑なところですが。

次回更新予定は、『Tokyo Loop』インタビューに加え、これまでの座談会とは趣向を変えて、Animationsの作家たちの創作論についてのインタビューもお届けできると思います。

土居

        2007-07-24        ワークショップしてきました

初書き込みです。
事後報告ですが、先週末、お子様向けアニメーションワークショップをしました。
1件目は参加させて頂いていたTシャツのグループ展関連イベントとして開催。Tシャツをカンバスのようにして、フェルトで切り抜いたキャラクターをコマドリしました。
2件目は森下文化センターにて。編み物でアニメーションを作るやたみほさんのサポートで、ぱらぱらマンガを作ってもらいました。皆さんよくがんばりました!
こちらとしては、コマ数も制限された短いアニメーションなので、なるべくシンプルな形を動かしてもらって、単純に動く様子を楽しんでもらえたらと思うのですが、こどもたちはてんこ盛りに盛り込むんですね、ストーリーを。そこにホンキを感じました。
自分の描いた絵がちょっとでも動いて見えると彼らの目はわっと輝きます。アニメーションの楽しさの原点でしょうか。(荒井)

ギャラリーニワコヤ
やたさんのレポートへ

        2007-07-11        ライアン・ラーキン特集の後編

ライアン・ラーキン特集の後編をアップしました。
Animations座談会(後編)と土居伸彰による追悼文です。
これをきっかけに、ひとりでも多くの人がラーキン作品に興味を持ってくれたら幸いです。

山村

        2007-07-06        ライアン・ラーキン特集の前編をアップしました。

しばらく記事の更新が途絶えていました。
予告よりもだいぶ遅れてしまって申し訳ありません。

ライアン・ラーキン特集の前編をAnimationsホームページにアップしました。
Animations座談会、クリス・ロビンソンによる伝記、山村浩二による追悼文です。どれも読み応えがあり、面白いと思います。

後半は来週アップ予定です。

http://www.animations-cc.net/

ところで、Animationsメンバーである大山慶が、今月、イメージフォーラムのサマースクールにて、アニメーション制作のワークショップをします。どうぞチェックしてみてください。詳細はここ。

土居

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。