Animations Blog


Animations creators&critics Website

Animations

アニメーションズ、創作と評論


カレンダー

10 « 2017-11 « 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

RSS

広告

FC2Ad

        --------        スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2011-04-18        「花開くコリア・アニメーション」

「和田淳と世界のアニメーション」とかぶっていたので長編『ロマンはない』は見れませんでしたが、他のプログラム3つは一気に見てきました。日本国内でこんなふうにアニメーション上映をマラソン的に見るのはかなり久しぶりなことのように感じました。国毎の単発的な紹介イベントって、定期的なもの以外はあまり見なくなってきてますよねえ。

トークでは韓国のインディペンデント事情と歴史を簡単におさらいすることができました。
韓国のインディペンデント・アニメーションは90年代後半に始まったもので歴史は浅く、従事している人の年齢層自体もそれゆえに若いそうです。(一番上でも50代。)2000年代にはアニメーションがお金になるという話から国内に大量にアニメーションを学べる学校・学科ができ(200以上だそうです)、その熱が冷めた今でもやはり50以上はあるとのこと。今回のイベントはIndie-Anifestとつながりが強いわけですが、この映画祭自体、SICAFとPISAFでは足りないところ、つまり両方とも国際映画祭(後者は学生)ですから、国内の作品に焦点を当てるものとして行われているそうです。

この話を聞くと、韓国のインディペンデント界は実にうまく組織化されているように思えますが……

上映の方では、これは日本と状況が同じでしょうが、やはり学生作品が目立ちました。Indie-Anifestの応募作品数自体も学生が多いとのこと。
気になった作品についていくつか。
AプログラムInsideでは、『ある一日』(チョン・ミニョン)後半での暗闇における死神との静かな戦いが印象に残りました。画面をほとんど真っ暗にして、何が起こっているのかをあまり明瞭にしないこと、アニメーションではなかなか見られない表現です。あとは『猫我』(カン・ミンジ)ですね。カン・ミンジさんはこれまでもいくつか作品を見たことがあるのですが、なんというか、努力人といったら失礼ですが、注ぎ込まれる物量とパワーにいつも驚かされます。アンジェラ・シュテッフェン『生命線』並に動きまくるんですが、作品の尺が長いし、周りのものが目に入ってないんじゃないかというくらいに、アニメーション制作に集中している感じがするのです(当たり前ですけど)。猫と私というかなりスケールの小さい(失礼)題材によって、宇宙を現出させてしまうような作家です。
BプログラムOutsideでは、まず『EATING』が印象に。疲れきったサラリーマンが主人公となるわけですが、彼の疲弊が作品全面から、コミカルではないかたちで伝わってきます。アニメーションの質的には『田舎医者』を思わせるような身体のディストーション。しかし、その動きは、気怠く、重いです。マラソンの比喩やその他様々な展開が全体として有機的に機能しているかといえば微妙なところですが。やらんとしていることはハッキリとわかります。『子犬』は学生作品ですが、こちらは非常にクレバーで笑える作品です。白地にドローイングの線のみという非常に抑制の効いた画面で、効果的なカメラワークによって必要なことだけが語られていきます。ネタバレをしてしまえば反復ものなのですが、語り方がウィットに富んでいて楽しめる作品でした。3プログラム全体を通じて最も美しい作品は『日常の中の生』(キム・ジュン)でした。トーリル・コーヴェを思わせるようなシンプルでクリーンな描線で描かれた街のなかの一時の物語。数人の若者たちが、同じ場所を緩やかに共有する様子を淡々と俯瞰で語っていきます。描線は簡素なのですが、現実の街中よりももっといろいろなことが同時に起こっているような気がします。主要な登場人物たちの視線も、どこに向かっているのか定かではないまま、登場人物たち自身もどこに視線を向けているのか意識していないような、そんな力の抜け方がありました。そういった日常的な緩い集中力がたくさん集まった中盤の一瞬に、作家が意図したのかそうでないのかが定かでないくらいのちょっとした調和が起こり、震えます。とにかく、現実を生きるよりもたくさんの情報が、とても有機的にスッと入り込んでくる感じがあるのです。アニメーションなのに。
CプログラムYouthは題材も作品の質自体も「若い」ものが多かった気が。印象的だったのは潜望鏡に囲まれた双子の姉妹の振る舞いが謎めいていて素敵な『Six Steps』(パン・ジュヨン)、若い恋人の別れにまつわる感情のグラデュエーションを豊かに描いた『旅行カバン』(クォン・ヨンファン)あたりでした。

「花開くコリア・アニメーション」はこの後大阪や名古屋でもあるようです。

公式ホームページ


土居
スポンサーサイト

        2009-06-12        アヌシーインターナルアニメーションフェスティバル09(4)

アヌシー四日目。

11時に会場に到着。遊覧船一時間コースに乗る。とても気持ちいいのと寒いのが混じりあった濃厚な時。パラグライダーをしている人たちがたくさんいた。俺もしてみたい。ういてみたい。

その後遅い朝飯を会場にあるファーストフード屋で。7ユーロって安いと思ったけど日本円に換算したら1000円こえてるじゃんか!

14時~の回はパノラマ2。待望のForming Game(Malcolm Sutherland)はBirdcallsからの正統進化の素晴らしい出来だと思った。これがなぜコンペから外される? Dar Khane-Ye Ma(Maryuam Kashkoolinia)は少女の家族紹介がガラス絵アニメーションで展開。手法が必然的に導き出す流動性の感覚がとりとめのない少女の言葉にマッチ。技術的には荒いがほっこりとした気持ちになる。Pirogues(Alice Bohl)は不法入国をめぐる移民のお話。こういうストーリーテリングがアニメーション的な体力を持ってくれればいいのになあと思った。Albert's Speech(Richard Fenwick)は結婚式のスピーチで緊張しすぎる男(実写)の想像の世界をアニメーション(など)で展開。そこそこ笑える。Passages(Marie-Josee Sant-Pierre)は広島のパノラマでやっていたMcLaren's Negativeの作者の新作。自身の妊娠・出産時に体験した、あやうく赤ん坊が殺されそうになった病院の責任逃れを告発する作品。最近気になってしょうがないアニメーションによるドキュメンタリーの一種。冒頭と最後で読み上げられるセリフはこの種の作品の基本的原理の本質を突いていると思った。McLaren's Negative同様に映像の体力(わかりにくいですよね。平たくいえばリズム感のことです。あくまでアニメーションのリズム感。)がないのが残念といえば残念だけれども、扱う題材からしてこういう方がいいのか。催眠的にふるまわず、距離感が出るので。

16時~の回は学生4。Happy Birthday to Me(Hui-shan Lee)はどこまで本気なのかがはかりかねる怪作で思わず吹き出す。Death in the Yellow House(Anna Virtanen)は広島のフィンランド特集以来の再見。モノの反乱でツイてない日を演出。The Collection(Karen Albala)は大山慶の質感を思わせるコラージュ感と少女による壊れつつある世界の再度の拾い集めのテーマがマッチしていて、ラストもなかなか。Farewell(Chu-ling Hsu)はシャレたパロディーを用いた温暖化防止作品。一発ネタだが説明しすぎてないところがいい。69 Years of Love(Jaaup Metsalu)の作者は絶対に和田淳を観ているに違いない。マンション在住の二組の夫婦の浮気。奇妙な人間関係を描くシチュエーションもそうだが、浮気がバレるきっかけのおおらかな適当さもエストニアっぽい。On Time Off (Bill Porter)は夏の砂浜を舞台(あくまで舞台)に現代社会の喧噪をしれっと入れ込む静かで暑い作品。HomeLand(Juan de Dios Marfil Atlenza)は変な生物に服を編んであげていくことがきっかけになるちょっとかわった友情物語。次第に母と子の関係性を描いているかのようになってきて、旅立ちのときに流す彼らの涙は俺の涙にも。がさがさの紙にボールペンというラフさが、あたかも夜空を見上げているような感覚に。まさに学生作品という感じで、素晴らしいです(皮肉じゃないですよ、ほめてますよ)。数少ない日本人ノミニー『ひまわり草』(松田美那子)はひまわりの生の循環を妖精型キャラクターに託して色鮮やかに。For Sock's Sake(Carlo Vogele)はティールロヴァー現代版といった趣き(ただし内容は少々下品)。乾きたて感がしっかりでているジーパンのアニメーションをはじめ、とにかく「うまい!」と思った。

18時~の回はパノラマ3。アヌシー常連になりつつある水江未来『JAM』はストレートに累積していく展開で、後半のカオスの迫力が見せ場。しかし少々画質が荒く、細部が語らないのでもったいなく思った(画質のきれいなものをみたことがあったので)。クロクで観たことがあったRadostki(Magdalena Osinska)は明らかに前とヴァージョンが違う。分数も短いし。35mmの異様なキレイさとメリハリがついた展開、子供の絵を使ったキャラクターの動きの気持ちよさ、子供の語りの親密な空気、そういったものの相乗効果で面白い作品になっていた。このプログラム最大の盛り上がりはMadagascar, Carnet De Voyage(Bastien Dubois)。マダガスカルへの旅行記のスケッチブックの体裁をとった作品で、ありとあらゆるアニメーション技法が試されているように感じてしまうほどの映像的な多彩さが、旅行者にとってのマダガスカルという土地、その変容する姿を見事に描き出す。かなり感動した。『瞑想』(大井文雄)の素晴らしさは何と言葉にすればいいのだろう?人間にとってカオス的なイメージの持つ根源的な意味とは何だろうと考えさせられた。胸にしっかりと残った。

21時~はコンペ4。この日はクレイジーなセレクションの日だった。Muto(Blu)については今さら付け加えることはないです。Mei Ling(Stephanie Lansaque, Francois Leroy)は海外で暮らす中国人女性とタコの友情物語で、3DCGで画面の感触は『スキゼン』を思わせる。最後の方で使われる実写、途中の随所で挿入されるクロースアップの異様に生々しい質感がきらめく。新しい。後半の夢のような世界の持つ異様なリアリティの創出に貢献している。これは『スキゼン』と同じく大画面で観てこその作品。youtubeじゃ絶対にわからない。Syotti(Tomi Malakki)は少年と魚の物語。魚に餌をやるシーンでは男性諸君は非常に痛い気持ちになるんじゃあないかしら。いたい、いたい、いたい!と思わず顔が歪んでしまった。クレイジー・タイムの始まり。The Man in the Blue Dragon(Jean-Christophe Lie)は短篇ではあまりみたことのないタイプ。オレンジ対ブルーのセミヌードな争い。かなり笑えた。こうして出来上がった雰囲気にぴったりフィットしたのがChainsaw Maid (長尾武奈)。アヌシーに向いている。大歓声&大爆笑&大喝采。俺も一緒になって楽しんだ。

23時~の回は依頼作品のコンペ。立て続けに世界中のCMやPVが流される。アイディア、きらびやかさ、生理的にもっていかれるようなタイミングの動き。一個くらいこういうプログラムを観るのは非常に勉強になる。

またしても一時くらいに帰宅、帰り道のあいだずっと不良の若者たちが大量にほんとうに大量に出没していて、ものすごく怖かった。一つのグループからはフレンドリーに絡まれたし。タダでテキーラ飲めたからいいけど。金かかるけど明日からはタクシーで帰ろう……

明日は絶対面白いはずのコンペ5と長編デー。アダム・エリオット新作Max and Maryと評判がすごく良いらしいポール・フィエリンガー新作My Dog Tulip(こっちはチケット取れれば)にいくぞ。アヌシー、いよいよ最終盤に突入です。

土居

        2008-01-26        読売新聞

お知らせが遅くなってしまいましたが、本日(26日)発売の「読売新聞・夕刊」にアニメーションズを紹介する記事が掲載されています。

決して大きな記事ではありませんが、全国紙できちんとアニメーションズが紹介されたのは初めての事なので、とても嬉しいです。

大山

        2007-12-18        アニメーションノート

本日発売の雑誌「アニメーションノートNo08」に荒井知恵、中田彩郁のインタビューが掲載されています。

インタビュー記事が掲載されているのは「女子アニメーションの世界」と題された女性アニメーション作家の特集内。中田は「作家性」について思い悩んでいたときにその呪縛をといた山村浩二の言葉について、荒井はアニメーションに興味を持った時に訪れた古川タクさんとの出会いについて語っています。他に紹介されている作家は富永まいさん、近藤聡乃さん、Amicaさん、一瀬皓コさん。

皆さんそれぞれアニメーションに対する関わり方、考え方が違っていて面白かったです。
それにしてもアニメーション作家っていうのはみんな個性的だなあ・・・。
是非ご覧下さい。

「アニメーションノート no.8」[Amazon]

大山

        2007-11-21        ブラジルで

どうもこんばんは、和田です。プチ報告です。

この度作品「そういう眼鏡」がブラジルはリオ・デ・ジャネイロの国際短編映画祭で賞を受賞しました。Best Film of the Young Juryという賞です。ポイントは"young"です。この映画祭でのこの賞の位置づけとか、他の映画祭でもこういう賞があるのかとかはあんまりわかりませんが、ブラジルのyoungなjury(審査員)がbestfilmに選んでくれたのは嬉しいです。励みになります。しかし一体どれくらいヤングなのでしょう。。。

http://www.curtacinema.com.br/novo/pagina.php?id=28&lang=2

和田

        2007-11-05        愛知県立芸術大学芸術祭での上映とトークのこと

11月3日は文化の日ということで土曜日と祝日が重なりもったいない日だったのですが、愛知県芸の芸術祭に山村浩二と、私和田淳がお呼ばれして、上映と対談をしてきました。

結果から言うと、自分自身うまくしゃべれたとは決して言えない感じになり、対談と銘打ってはいるものの、ほとんど山村さんのお話を真横でうんうんって聞いてる人になっていました。自分の思っていることをうまく言葉にして公衆の面前でしゃべることの難しさと、アニメーションに関わらずいろんなものに対する知識の無さに自分でも苦笑いだったということを前置きとしまして、11月3日の報告を始めます。

芸祭実行委員の方の呼び込みで100人以上収容できるであろう講義室に入った僕たちの目に飛び込んできたのは、前の方に十数名座っていて、後ろにパラパラ何名かいるくらいだったらどうしようという予想を裏切り、その部屋の8割かそれ以上はいるであろうお客さんでした。正直愛知県芸は繁華街から少し離れた場所なので、お客さんが来てくれるか不安だったのですが、愛知が生んだ稀代の作家山村浩二と、実行委員の熱意ある呼び込みのおかげで、たくさん入っていただけたようです。学生さんだけでなく、子どもも大人もいました。ただその分一気にプレッシャーが増したことは言うまでもありませんが。

挨拶のあと、それぞれの作品を3つずつ上映。最初は僕から『係』、『鼻の日』、『そういう眼鏡』。いきなりの上映、しかもほとんど僕の作品を見たことがない人が多いであろう状況だったからだと頑に信じて、『係』の反応はいまひとつなし。しかし『鼻の日』『そういう眼鏡』は笑い声も聞こえてきて、場があったまってきたことにホッとしました。上映の状況やお客さんによって作品は変わらないのに、場の空気がいかようにも変わってしまうのを経験しているので、そういう意味でもいい空気でした。そして山村さんの『頭山』、『年をとった鰐』、『こどもの形而上学』を上映。『こどもの~』は公には東京国際映画祭に続いて2回目のお披露目。この時期に見られて嬉しかったし、お得感がある上映でした。僕自身初めて見て、底力がある故の自由さと発想の豊かさ、そして何より作っていて楽しそうな姿が作品から見てとれる良い作品だと思いました。まだ見られてない方はそろそろ公開の『カフカ 田舎医者』で併映されるので、そちらもご覧ください。

そして休憩をはさんだ後緊張のトークだったのですが、休憩をはさんだからか、お客さんが若干減っていました。まぁいろいろ事情があるのでしょう。そしてトークスタート。個人的な制作のきっかけや制作過程、大事にしてることをそれぞれ話したり、日本のアニメーションの現状と展望やAnimationsの結成からこれからのことまで山村さんがほんとにうまく語ってくれたりと、お客さんがどの程度アニメーションについて、見たり、知ったりしているのかはわかりませんでしたが、今アニメーションというものが抱える問題や僕たちがそれにどう関わって、どういうものを作っていきたいかは伝わる内容だったように思います。やはりそういうあたりを考えている方がいたみたいで、最後の質疑応答でも現状を打開することやAnimationsの活動について質問される方もいて、それにはビシッと山村さんが答えてくれ、何故どの作品にもサラリーマンが出てくるのかという質問には僕がビシッと答えました。

今回のイベントで山村さんが「タフな作り手があまりいなくなった」と言われていたことが、まさに自分に当てはまっていて、ズシンと心に重く響いています。タフとは制作においてもそうですが、出来たものをフィルムにしたり、音の環境にこだわったり、質のいいものにして、それをいかに見せていくか。また、それにかかるお金の工面も含めて自分の作った作品を世に出していく、そしてそれを作り続けていくタフさのことで、僕はどちらかといわれると、明らかにノンタフ側になってしまっているので、バチンッとお尻をたたかれた思いでした。これを聞いて同じように耳が痛くなった方も多いのではないでしょうか。

最後に、愛知県芸は特にアニメーションを作っている人がいっぱいいるわけでもないなかで、このように芸術祭でアニメーションの上映を組み、ゲストを呼ぶという、一見接点が見当たらないように思えるイベントですが、山村さんや僕の作品をみんなに見てもらいたい、知ってもらいたいという情熱で、きちんとイベントという形までつくりあげ、実際観客の入りもよく、盛況といえるくらいまでもっていった実行委員の大林さんをはじめ、協力してくださったみなさんには頭が下がる思いです。いろいろ苦労もされたことだろうと思います。この場を借りてお礼申し上げます。本当にお世話になりました。

和田

        2007-10-25        べビスマ

おはようございます。大山です。
みなさん、「べビスマ」という番組をご存知でしょうか。
「SMAP×SMAP」の番宣番組で、日曜深夜10分間の短い番組です。
この番組では毎週、映像クリエイターを紹介し、15秒のブリッジを制作させているのですが、次回のクリエイターとして僕を選んでいただきました。
つい先日、家を取材に来たのですが、もう、びっくりするくらいしゃべれなかったです。洗っていない食器が散らかっている流しも映ってしまったっぽいし、オンエアが怖すぎます。
そして現在、必死で制作中。終わるのか・・・。
ブリッジは翌日の「SMAP×SMAP」の中でも流れるそうです。

「べビスマ」
フジテレビ10月28日(日)深夜24時15分~
「SMAP×SMAP」
フジテレビ10月29日(月)22時~

大山

        2007-09-16        アニメーションノート

9月18日発売の『アニメーションノート07号』に大山のインタビューが載ります。「Next Art Animation File」という、この号から連載がはじまった、若手アニメーション作家を紹介するコーナーです。

インタビューは、まるで自宅に友人が遊びに来ておしゃべりして帰っていったかのような楽しいもので、どんな仕上がりになっているのか不安でしたが、出来上がってみるとしっかりとした記事になっていて感心しました。

ページ数は1ページと少ないのですが、今後、他のメンバーも紹介して下さいと売り込んでおいたので、そのうち記事になるかもしれません。

アニメーションノート7[Amazon]

大山

        2007-09-03        ワークショップ

7月に6日間にわたって講師を担当したイメージフォーラム付属映像研究所のサマースクール「アニメーションワークショップ」生徒さんたちが制作した課題の一部をイメージフォーラムのpodcastで見ることが出来ます。

前半は「メタモルフォーゼ」です。コンピュータで作り出されるモーフィングの様な、機械的なものにはならないようにと前もって注意したのですが、さて、どうでしょう・・・。
中盤に流れるのはお遊び程度に体験してもらった、粘土によるアニメーション。これはグループで即興的に短時間で制作してもらいました。
最後は、キャラクターを歩かせ、そのスピードに合わせて背景を動かすという課題。通常、このような動画を描く場合、背景は一枚絵を用意しスライドさせることが多いのですが、ここではあえて全部描いてもらいました。少ないものでも100枚、多いものだと200枚以上もの動画によって出来ています。

この課題の前に基本的な歩きの課題もやってもらったのですが、「歩き」というのは簡単そうで自然に見せるのがなかなか難しいですね。それ以外の課題は、ろうそくの炎、風に揺れる草、おどろき盤など。短い日数で皆さん本当によく頑張ってくれました。僕も見習わなくては・・・。

まだまだ人様に何かを教えられるような立場ではないのですが、僕自身、勉強になり、とても楽しかったです。生徒さんたちの中で一人でも多くの方が趣味でもいいのでアニメーション制作を続けてくれたら、それが一番嬉しいです。

動画はitunesのpodcastで「image forum」と検索していただくか、以下のアドレスから見ることが出来ます。http://imageforum.cocolog-nifty.com/blog/files/aruki.mp4

大山

        2007-07-24        ワークショップしてきました

初書き込みです。
事後報告ですが、先週末、お子様向けアニメーションワークショップをしました。
1件目は参加させて頂いていたTシャツのグループ展関連イベントとして開催。Tシャツをカンバスのようにして、フェルトで切り抜いたキャラクターをコマドリしました。
2件目は森下文化センターにて。編み物でアニメーションを作るやたみほさんのサポートで、ぱらぱらマンガを作ってもらいました。皆さんよくがんばりました!
こちらとしては、コマ数も制限された短いアニメーションなので、なるべくシンプルな形を動かしてもらって、単純に動く様子を楽しんでもらえたらと思うのですが、こどもたちはてんこ盛りに盛り込むんですね、ストーリーを。そこにホンキを感じました。
自分の描いた絵がちょっとでも動いて見えると彼らの目はわっと輝きます。アニメーションの楽しさの原点でしょうか。(荒井)

ギャラリーニワコヤ
やたさんのレポートへ

        2007-05-30        ベンチの二人

本日、About us 大山慶のページに飾りのアニメーションが配置されました。
表示されない方は更新ボタンを押してみてください。

ベンチに座っている二人の人物が「少女とおばさん」なのか
「少女とおじさん」なのかで山村夫妻の意見が割れたそうです。

ごめんなさい。若い男女の設定です。

いや、でも、いいんです。全然気にしてません。それは見る人の自由なんですから。
むしろ、おばさんだと思って見た方が深みが出るじゃありませんか。
感謝しているくらいです。

さあ、いったい、誰が誰に何を囁いているのか。
みなさんのご意見お聞かせ下さい。

大山

k3.gif

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。